薬

発生を抑える

女性

フリーラジカルという言葉聞いたことあるでしょうか。ラジカルとは過激派などの意味があり、反応性が大変いい分子になるます。ラジカルのままだと不安定であるため、何かと反応して安定化しようとします。この対象が正常であれば菌やウイルスですが、フリーラジカルの量が増えてくると正常細胞にも攻撃し、老化を促進させます。 つまり少量であれば、免疫系として大切であり、大量にあれば害となります。 フリーラジカルは食事をとると燃焼の過程で作られたり、怪我などに最近退治のために体内で生成されたりします。 一般的にこのラジカルを捕まえるために、ビタミンCやアスタキサンチンなどの抗酸化物質が有効であるとされているため、多くの美容製品をはじめ医薬品にも含有されて安価で手に入るようになってきました。

そろそろ紫外線が気になり始めるころですが、少量の紫外線であれば皮膚でのビタミンDの合成や皮膚の殺菌に必要であるが、大量の紫外線はフリーラジカルを発生させ皮膚のしわやたるみ、癌の原因にもなります。 健康意識の向上により無意識のうちにフリーラジカル発生を少なくしようという傾向にあります。 例えば、日焼け止めクリームや抗酸化能やサプリメントを摂取すること、軽い運動でストレスを減らすことなどすべてが間接的であれ、ラジカル消却につながります。 フリーラジカルは病気でも発生します。脳こうそくの治療薬として用いられるエダラボンはフリーラジカルスカベンジャーです。つまりフリーラジカルを捕まえることにより病気の進行を抑える成分です。 このように日常生活から治療までさまざまな分野で重要視されている物質の一つです。